所長のご挨拶

所長のご挨拶

「価値の高い権利を目指す。」

弁理士・米国弁護士 龍華 明裕


所長のご挨拶  特許権侵害によって認められる損害賠償の額が、近年大幅に大きくなりました。背景としては、先進国における知的所有権の重要性が、高まっていることがあげられます。
 世界の多くの人が生産に必要な資本と情報を入手し易くなるにつれ、技術の先駆者がその地位を守る手段として、知的所有権は一層大きな役割を演じることになります。

 高い賠償額を得られるような強い権利を生み出すためには、出願前に発明自体を十分に考察することが大切です。それは、利益を得られる製品の形態を考察することに似ています。

 例えば価格が高い製品を生み出すには、大きなマーケット(製品が多く売れる分野)や、利益率の高いマーケット等を考察する必要があります。異なるマーケットで使用される技術については、それぞれのマーケットの製品を用意することにより、各マーケットで利益を上げることができます。
 RYUKAでは、製品のマーケティングと類似した方法で、発明自体に検討を加えます。発明を利用することの出来る製品のイメージを利用者、利用形態を含めて広く議論することで初めて、各利用形態に適した発明のイメージを具体化し、権利を強化することができます。

 損害償額等の引き上げは、先進国が進む方向を表しています。
 生産能力以外の差別化手段で、技術の先駆者に利益をもたらすことのできる社会的制度が発達すると、生産の外部委託が行い易くなり、会社間あるいは国家間の役割分担が健全に発達します。その時、一体となり共栄することのできる世界が、また一歩近づいてくることと思います。
 その時へ向けて、責任を全うすべく、RYUKAは一歩一歩前へ歩み続けます。

 PageTop