青木輝夫

弁理士等

 戻る

青木 輝夫 Teruo Aoki
弁理士/1978
《取扱分野》
権利化業務、訴訟、意匠、商標、ライセンシング、企業の知財活動全般に関わるコンサルティング

《略歴》
中央大学 商学部 卒業

<企業経験>
・日産自動車株式会社知的財産部門に約25年間所属し、次の業務に携わった。
 【出願実務】
車体構造、シート、内装・艤装などの車体技術を中心とする自動車技術、繊維機械や宇宙航空技術を含め、特許出願、意匠登録出願実務を行う。
 【管理業務】
研究テーマ別特許網の構築、予算管理に関連して企業特許戦略の構築、知的財産管理のための仕組みづくり、一般技術者や特許連絡主任を中心とした特許知識高揚のための教育、特許管理システムの構築、特許争訟・契約の実務等に携わる。また、協力会社の特許仕組みつくりや特許戦略の構築等のコンサルタント的業務に携わる。
 【外部機関活動】
日本知的財産協会の特許委員会および多項制委員会に所属し、多項制の導入・出願審査請求制度・出願公開制度などの特許・実用新案制度改正や改正後の啓蒙活動、特許庁諮問事項の委員活動等に従事する。

<特許事務所経験>
・特許事務所において、約20数年の間、次に掲げる技術を中心とした、権利化業務などに従事する。
 【権利化業務】
車体構造、シート、エアバッグを含むインスト回り、内装・艤装などの車体技術を中心とした自動車技術、FA関係のセンサー、スイッチなどの技術、プレス技術、移動体通信や交換機などの構造技術などの特許出願、並びに意匠・商標登録出願を行う。
 【コンサルタント業務】
顧客企業内の知的財産管理の仕組みづくり、契約実務、社員報奨制度の構築、役員や社員への特許啓蒙活動などのコンサルタント業務に従事する。


 PageTop