キャリアパス

キャリアパス

キャリアパス

キャリアアップのスピードは、あなたが宣言することによって決まります。


給与シミュレータ

技能レベル

明細書を「書く力」ではなく、発明を「理解・展開する力」を育てます。


RYUKAでは特許ビジュアライゼーションによる発明の展開で差別化をしています。

このサービスを提供するためには、発明を理解・展開する力が不可欠であり、また難易度にも幅があります。そこで、発明展開を比較的容易な部分とより高度な部分に分け、経験に見合った案件を担当していただきます。

入所当初 (トレーニー~エンジニア中心)
比較的容易な展開(初心者向き)
明細書の実施形態の作成
特に、他の実施形態の考案
通常案件における発明展開・発明展開の大切さを説明し、
展開する。

高度な展開 (アソシエイト、コンサルタント中心)
面談
特許請求の範囲の展開

このような振り分けをすることにより、初心者は、徐々に経験を積むことができ、経験者は、発明展開力の修得を加速することができます。

技能レベル
RYUKAでは、全ての案件を2人以上で理解し、所内で権利化の方針を徹底的にディスカッションします。
これにより、担当者は権利化方針の立案能力を短い期間で向上させることができます。

ただ、明細書を書くだけでは、製品を十分に守ることはできません。お客様が求める強い特許を得るためには、発明を理解・展開する力が必要です。発明を検討する手順、発明を展開するための説明・質問方法、周辺技術を調査し、整理してお客様に説明する能力等をトレーニングします。

技術レベル トレーニー エンジニア アソシエイト コンサルタント
面談時の
役割
  権利化の方針をお客様に確認できる
単独で面談を行い、仕事を受任できる
顧客に自ら提案して仕事を作ることができる
明細書作成
レベル
トップクレームの書き下しと、権利化の方針を与えられてから明細書を作成する 権利化の方針を与えられてから明細書を作成する 権利化を上位展開すると共に、下位のクレームを発明者から聞き出すことができる 新たな技術課題を面談によって発見し、発明自体を下方展開/水平展開することができる


パートナー

大量の案件も、あなたが率いる「チーム」では受任することができます。


パートナー

RYUKAでは、リーダシップを発揮し、お客様への貢献を拡大できる方を高く評価しています。


ジュニア・パートナー及びパートナーへの客観的な基準が設けられており、すべての技術者に可能性が開かれています。事務所の成長に伴い、毎年、1人以上の所員をジュニア・パートナーに昇格することを予定しています。


プロフェッショナルレベルの育成

RYUKAは、真のプロフェッショナルを育てることを目的とします。


私達が真のプロフェッショナルとして自立するためには、特許明細書を作成するという技術力のほかに、プロフェッショナルとしての行動を取る力(プロフェッショナリズム)が必要です。
プロフェッショナリズムは、言葉や現実の行動に表されている能力です。言葉と行動により未来を創り、可能性を生み現実を変える。それがプロフェッショナリズムの力です。プロフェッショナリズムは、依頼者との信頼を築きビジネスを発展させるための貴重なビジネス・ノウハウでもあります。
特許の技能を学ぶのみでは、プロフェッショナルとして成功をすることはできません。RYUKAは、特許の業務を通じてプロフェッショナリズムを伝えることにより、世の中で自由に羽ばたき成功することのできるプロフェッショナルを育てたいと願っています。

 PageTop