技術を知る

技術を知る



 

8:20 出社

早めに出社し、コラボスペースで一息。
その後、始業まで弁理士試験勉強に没頭します。


9:10 クライアントからのメール対応

緊急案件がないか、隈なくチェックします。
お客様のことを考えながら、スムーズな対応を心掛けます。


9:40 中間処理

出来るだけ権利範囲を広く取得出来るように、選択肢を提案します。


12:10 昼食

外国人スタッフや同僚とのランチ。
英語の勉強に励むと共に、異国文化を学べます。
また、週1回の部内ランチミーティングでは、情報を共有し、
コミュニケーションを図ります。


13:10 調査・先行技術調査

万遍なく洩れのないように、注意を払う仕事です。


15:30 ディスカッション

一日の内で、一番仕事が楽しいと感じる充実した時間。
厳しいこともあるが、リーダーは余すとこなく知識を与えてくれます。
説明や表現の仕方、着眼点、リーダーの鋭い指摘に多くを学びます。


16:30 明細書の作成と出願

文章を読む・書く・表現する。言葉使い一つ一つに気を使います。
一つの言葉で何通りにも取れるので、曖昧は避け、限定しすぎにも注意します。


18:30 グループ勉強会

特許技術法律・判例について学びます。
毎週講師は、グループ内で交代しながら担当しています。
講師を担当することで、調べる過程で深く理解することが出来、自分の勉強になります。


19:30 終業後、弁理士試験勉強

RYUKAにはベテランの弁理士や技術者が大勢います。
疑問は何でも聞くことが出来る環境。弁理士を目指す仲間も多く、切磋琢磨しています。


20:30 退社

退社後は、所員の皆と食事に出掛けたり、趣味のコーヒーを飲んだり、充実した時間を過ごしています。
所内の雰囲気がとても良く、所員との交流が多いのがとても気に入っています。
今日も、美味しいコーヒーを飲もう!!




Q. RYUKAに転職しようと思った理由は?


大阪で開催された事務所説明会で、所長の話に感銘を受けました。

もともと特許事務所に大変興味をもっていましたが、転職しようとまでは考えていませんでした。
しかし、タイミング良くRYUKAの事務所説明会に参加することが出来、所長の人柄と仕事内容に魅了されました。自分の将来をかけてみたいと思いました。


Q. 企業から特許事務所への転職に不安はありませんでしたか?


企業の経験から、さらにスキルアップがしたかった。やりたい仕事が出来ている。

もちろん不安はありました。しかし、企業では自分の会社のみのことしかわかりませんでした。
今はいろいろな企業の特許や技術を知れます。前職を生かしながら、知識と技量をあげています。また、事務所内の雰囲気がとても良く、不安は入所後すぐになくなりました。


Q. これから入所してくる仲間に向けて一言お願いします。


自分の成長が目に見える仕事が出来ます。

RYUKAでは、目標に向かって達成出来た時の充実感を感じることが出来ます。
企業にいると見えない社会への貢献度も見えます。
また、経験豊富な先輩が多く、学ぶ環境が整っています。
皆さん是非一緒に充実した毎日を過ごしましょう!!

 PageTop