応募者の皆様へ 龍華

応募者の皆様へ 龍華

【可能性を広げ続ける。そんな仲間達がいます。】


応募者の皆さんへ(龍華)  人が大切であることは、どの企業にも共通します。しかし「人を大切にするとは何か」は企業によってさまざまです。子供の育て方が家庭によって違うように、企業もそれぞれ、所員に対する考え方、働きかけが随分違うものなのです。

 RYUKAの「人を大切にする」ということは、所員の可能性を最大限に伸ばせるよう支援すること、所員の価値が高まるように、そのためのステップを提供すること、そして所員の成長をきちんと評価して給与に反映させることです。それができなければ、人を大切にしていることにはならないと考えています。そのうえで、実際に成長をできるか否かは自分次第です。

 特許法は、近年ますます盛んに改正されています。法律は社会のニーズによって改正されます。特許法の改正が多いことは、社会のニーズが変改していることと共に、特許制度への社会ニーズが大きいことを意味しています。特許は今後更に、社会の中で重要な役割を果たすようになるでしょう。

 特許の世界は、最先端の発明者達や、世界中のプロフェッショナルとディスカッションをできる刺激的な出会いにあふれています。そんな環境で、時には仲間と連携し、団結して一歩一歩前に進んでいく。 クライアントの可能性を、事務所の可能性を、自分の可能性を広げ続け続ける。 RYUKAには、そんな仲間がいます。

 私たちと共に、未来の可能性を広げてください。
所長 龍華 明裕


<過去の求人内容>

技術力とコミュニケーション能力により、ビジョンを世界と共有する。

リクナビNEXT掲載
外国での権利化は、現地との共同作業。お客様の情報をシェアし、自らの考えや疑問を明確に伝え、協力を依頼し、素晴らしい仕事にはハッキリと謝意を表す。そして、相手の不安にきちんと答える。ビジネスに繋がらなくても隔たりはない。これが信頼を築き、結果として各国からお客様の紹介を頂いている。RYUKAは、実務能力と共にコミュニケーション能力を育てます。世界の弁護士から信頼を得、最先端の技術を権利化するRYUKAで、あなたの技術力を思う存分発揮してください。

技術に触れることの大好きな方にこそ、“特許”という概念に注目して欲しいのです。

リクナビNEXT掲載
特許ビジュアライゼーションは、モノ作りの真の上流行程にあります。各界の先端技術者と、日々、未来の製品についてディスカッションを重ね、所内には未来技術のビジョンと、新たな技術課題を検討するための手法が蓄積されています。これらのビジョンと技術課題の検討手法が、通常の特許出願においても、私達の業務を差別化させています。あなたの技術力の真価を、多様な製品で思う存分に発揮してください。


「必要とされる」という状況は、自分自身で選択するものなのです。

en-japan掲載
誰しも「必要とされたい」という気持ちを持っていますよね。しかし必要とされるという状況は、「必要とされること」を期待する姿勢からは生まれません。頼りにされるためには、お客様が顕在的・潜在的に抱いているニーズに向けて、自分自身の能力や意識を高めていかなければならない。言い方を変えれば、「必要とされる」ということは自分で選択することなのです。

 PageTop