たった一度の人生だから、自分で描いていこう

所員へのメッセージ

 

たった一度の人生だから、自分で描いていこう

◆2006年12月1日 弁理士試験合格者の所内見学会にて

あなたの目の前に、2つのコップが置かれている。
そのコップの水で、今夜見る夢を選ぶことができる。

1つ目のコップの水が見せる夢は、
十分に力を発揮しているとは言えないが、ひとつの歯車として、安全だけれども変化のない仕事をする夢。
2つ目のコップの水を飲めば、
本当に達成できるか分からず、リスクもある。でもその分、多くの出会いや経験を得る。
可能性が広がる仕事の夢。

どちらを選ぶだろうか?

今夜の夢だとしたら、きっと多くの人は後者を選ぶだろう。
先の読める決まった未来より、自分で変えていく未来の方が面白い。

実際は、今夜の夢をコップで選ぶことはできない。
でも、人生という夢は、自分で選ぶことができる。
主体として、自分の夢をしっかりと築いてほしい。
なぜなら、それはたった1回しか見ることのできない夢だからだ。
最高だったと思える、価値のある人生を生きてほしい。

 PageTop