人の「想い」を支援する。

所員へのメッセージ

 

人の「想い」を支援する。

◆2007年1月30日 インタビューにて
高層ビルから夜景を見ると、いつも思うことがあります。
「人の想い」について。

まだこのビルがなく、
比較的古い小さな建物が並んでいたときに、
このビルからの夜景をイメージした人がいた。

オフィスのフロアに企業が入り、
1Fのケーキ屋に、女性が立ち寄り、
素敵な街ができあがる。

こみごみとしたエリアを見ながら、
未来を明確にビジュアライズした人がいた。

立ち退き、認可など、
困難は、たくさん予想されたでしょう。
それでも、想いは負けなかった。

やがて、その想いに共感し、応援をする人が現れ、
想いは現実に変わっていく。

夜景を造る無数の灯りの一つ一つが、
人の想いによって作られている。
そのことを考えると、しばし、
夜景の美しさに言葉を忘れます。

RYUKAは、人の想いを支援する組織でありたい。

発明者を、特許部の人を、そして後進の所員を、
支援し、可能性を引き出し、未来を具現化する。
そういう集団でありたい。


龍華 明裕

 PageTop