所員の声

所員の声

■ 入所のきっかけ

入所前、派遣プログラマとして開発に携わったことがあり、所長だけではなく、所員の一人ひとりが目標に向かって努力している会社だと思いました。特に、技術者だけではなく、事務にも目標を持つことが期待されているので、事務の人達もプロフェッショナルな働き方をしているという印象が強かったです。
働いている社員の仕事に向き合う姿勢がいいと思ったことが、入所を決めた理由の一つです。

また、私自身、人の役に立つことが仕事だと思っています。だから、自分の要求を優先するのではなく、お客様の期待に応えることが重要という事務所のカルチャーにも共感しました。

■ RYUKAの印象は?

最初、特許事務所に対しては、硬くて真面目な業種なので、そんなに開発することあるのかなと思っていたのですが、実際に働いてみると、よくもまあこんなにやることがあるよな、という印象です。
所長が開発畑の人間だということが大きいのでしょうが、明細書作成支援ソフトや期限管理システム、マネジメント管理システムの作成と、社内のあらゆるものをシステムで支援していこうとしています。次々と出てくるアイディアを形作るので、気が抜けないけれど、その分面白い。もちろん、自社のシステムなので、愛着があるし、作りがいがあります。

■ 入所してよかったところ

ソフト会社で開発に携わっていたころよりも、反応がダイレクトに返ってくるから、刺激になります。実際に使う人じゃないとこだわりや大変なことがわからないから、直接意見交換ができる環境があるのはいいですね。こんな些細なことで仕事がスムーズに流れるようになるんだ、ということを目の当たりにすると、次の仕事の意欲になります。

■ 成長した部分

仕事に対する取り組み方が変化したと思います。以前はちょっとした報告、相談、連絡を後回しにすることが多かったのですが、スピーディーな処理を行うために大切なことだと再認識し、適宜行うようになりました。これも反応がダイレクトなおかげです。コミュニケーションの大切さや仕事に対する取り組み方など、新しい領域を広げるきっかけになったと思います。

■ 大変なこと

パソコンに関係することであれば何でも知っていると思われています。ネットワークのことからホームページに至るまでいろいろ質問されますし、何でもお願いされるので、必然的に幅広い知識が身についてしまいました。また、所長、所員から寄せられるたくさんの要求に答えていくうちに、調整力が身についてきたかもしれません。

■ メッセージ

私たちに求められているのは、システムの開発をスピーディーに行うことです。決して派手な仕事ではありませんし、コツコツと地道な作業をこなすことが求められます。それでも会社を支える基盤を作っている。それはもしかすれば、特許業界全体に影響を及ぼすものかもしれない・・・そんな野望を胸に抱きつつ、日々コーディングに取り組んでいます。

 PageTop