日中特許実務比較

日中特許実務比較

【中国】

第25回

[日中特許実務比較]

日  時: 2008年12月3日(水) 
内  容: 日本と中国の出願の違いを、対比表を用いてわかりやすく解説します。 特に新規性喪失の例外、中間時の応答期限、補正の時期、発明の単一性の考え方の違いなど、実務家であればぜひ押えておきたい点が判りやすくまとめられた表を用いて、両国の違いについて学びます。 日増しに重要度と応答の労力を増す中国中間手続きを円滑に進めていくために、役に立つ情報をご提供します。 日本人による日本語でのレクチャーです。
講  師: 西内 盛二氏  / (PEKSUNG Intellectual Property)

 PageTop