『日本と比較した中国と韓国の特許制度及びその傾向』『中国と韓国における営業秘密の保護』

『日本と比較した中国と韓国の特許制度及びその傾向』『中国と韓国における営業秘密の保護』

【中国】

第151回

[『日本と比較した中国と韓国の特許制度及びその傾向』『中国と韓国における営業秘密の保護』]

日  時: 9月7日 (水) 3:00 p.m. ~ 6:30 p.m.
内  容: 中国の隆天知識産権代理有限公司(以下、「中国隆天」)と韓国の第一特許法人(以下、「韓国第一」)が共同でセミナーを行います。中国と韓国の制度及び実務を対比して習得できるまたとない機会となると思われます。中国隆天の弁理士向勇先生と、韓国第一の弁理士金律利先生及び曺豪均先生が日本語で解説いたします。

第一部:日本と比較した中国と韓国の特許制度及びその傾向
日本と比較した中国と韓国の特許制度の全般を重要なポイントを中心にご説明いたします。また、特許出願手続きや審査過程において実務的に知っておくべき特有の留意点、並びに拒絶理由や拒絶査定への対応ノーハウ等を、講演者の豊富な実務経験に基づいて詳しくご解説いたします。さらに、最新の知財統計及びそれによる審査・審判の傾向をご紹介いたします。

第二部:中国と韓国における営業秘密の保護
営業秘密の保護は、日本企業が中国又は韓国へ進出するときに必ず注意すべき点の一つです。営業秘密に係る最新判例を挙げながら、営業秘密の主な論点をご説明いたします。殆どの営業秘密侵害は、退職者及び転職者により行われ、これに係る論点を、紛争が行われる前段階、紛争が始まる段階、訴訟等を通じて紛争を解決する段階等に分けて詳しくご説明いたします。一方、競合他社の職員を採用する場合、競業避止義務に違反したとの理由で採用が取り消されるか、又は競合他社の営業秘密を侵害する結果につながることもありますので、これらに係る論点もご紹介いたします。
講  師: 向 勇 (XIANG, Yong) 博士・部長・中国弁理士 / 隆天知識産権代理有限公司 (Lung Tin)
金 律利 (KIM, Yul Lee) 韓国弁理士・日本弁理士
曺 豪均 (CHO, Ho Kyun) 韓国弁理士・米国弁護士(New York)  / 第一特許法人 (FirstLaw P.C.)
モデレーター: 龍華明裕 弁理士・米国弁護士 / RYUKA国際特許事務所

 PageTop