中国の特許出願書類の補正 ~実務の観点から~

中国の特許出願書類の補正 ~実務の観点から~

【中国】

第73回

[中国の特許出願書類の補正 ~実務の観点から~]

日  時: 2月23日(木) 
内  容: 現在、中国では米国に次ぐ特許出願がされています。日本企業による出願件数も増大し、出願書類の補正をする機会も多くなっています。
そこで今回は、北京インサイトアイピー特許事務所のパートナー弁理士である余朦先生をお招きしました。中国における補正の時期的要件と内容的制限を正しく理解することで、より効率的で効果的な補正をすることが可能となります。余先生には(1)自発補正、(2)拒絶応答時の補正、(3)拒絶査定不服審判請求時の補正、(4)無効審判における補正について、それぞれ実務での具体例を挙げて説明していただきます。「認められない」補正についての事例も多く取り上げられるので、実務に役立つ知識を得ることができるでしょう。当日は、日本語で作成された資料を用いて余先生が中国語で解説し、補佐の靳先生が通訳をされます。中国出願を多く手がけている知財部の方に特にお勧めのセミナーです。
講  師: 余(ヨン)朦 (パートナー・弁理士)、靳(ジン)満堂 (弁理士) / 北京インサイトアイピー特許事務所

 PageTop