欧州でスムーズに特許を取得するためのアドバイス

欧州でスムーズに特許を取得するためのアドバイス

【欧州】

第153回

[欧州でスムーズに特許を取得するためのアドバイス]

日  時: 10月3日 (月) 4:00 p.m. ~ 7:00 p.m.
内  容: 本セミナでは、欧州での権利化について複数の実例をご紹介しながら、以下のトピックスを実務的な観点からご説明いたします。

● 有益なクレーム作成方法
● 出願段階で補正が認められる例と認められない例
● クレームの明確性違反の拒絶理由の回避方法とその解決策
● カテゴリー毎に一独立項の原則の例外
● EP出願の早期権利化の手段
● 低コストなクレーム作成方法

出願段階で実際に生じた問題の克服方法のみならず、出願書類の作成段階でどのようにすれば将来生じるであろう拒絶理由等を回避できるかについても、時間とお金を節約するという観点をも踏まえて、ご説明いたします。
講  師: Mr. Stephan Keck (パートナー・ドイツ特許商標弁理士・欧州特許弁理士・欧州商標意匠弁理士)
Mr. David Dobler(パートナー・ドイツ特許商標弁理士・欧州特許弁理士・欧州商標意匠弁理士) / Witte, Weller & Partner事務所
モデレーター: 龍華明裕 (弁理士・米国弁護士) / RYUKA国際特許事務所

 PageTop