欧州(ヨーロッパ)での模倣品氾濫を防ぐには? ~クロスボーダー問題への効果的な対策を考える~

欧州(ヨーロッパ)での模倣品氾濫を防ぐには? ~クロスボーダー問題への効果的な対策を考える~

【欧州】

第66回

[欧州(ヨーロッパ)での模倣品氾濫を防ぐには? ~クロスボーダー問題への効果的な対策を考える~]

日  時: 2011年11月 8日(火) 
内  容: EU加盟国が年々増加する中、ヨーロッパ域内で出回っている模倣品を差し止めることは容易ではありません。ボーダーレスで商品が自由に行き交うからです。しかし、域内にはドイツやフランスをはじめとした大きな市場があり、模倣品の氾濫を許していてはビジネスに大打撃を受ける可能性があります。本セミナーでは、知的財産権を持っている企業がいかに効果的・経済的に模倣品対策を立て、実行していけばよいかについて学んでいただけます。さらに、「欧州統一特許(Unitary Patent)へ向けての動き」についての最新情報も得ることができます。 講師には、オランダのNederlandsch Octrooibureau事務所のHans Hutter先生とMarlous Stal-Hilders先生をお迎えしました。当所所員が適宜日本語での詳しい解説もいたします。なお、セミナー終了後に質問会を設けます。
講  師: Mr. Hans Hutter(パートナー)・Ms. Marlous Stal-Hilders(パートナー) / Nederlandsch Octrooibureau

 PageTop