EU・ドイツの特許訴訟制度 ~ アップル、サムスン、モトローラの知財紛争にも触れて ~

EU・ドイツの特許訴訟制度 ~ アップル、サムスン、モトローラの知財紛争にも触れて ~

【欧州】

第74回

[EU・ドイツの特許訴訟制度 ~ アップル、サムスン、モトローラの知財紛争にも触れて ~]

日  時: 3月9日(金) 
内  容: EPCの特許出願制度を利用すれば、単一の手続・審査で欧州の複数国で特許を取得することができます。しかしながら、ここで成立した特許権の効力や有効性の判断は各国毎になされます。そのため、各国の訴訟制度を比較して理解することが重要です。
例えば、ドイツはダブルトラック制度となっており、特許侵害事件を担当する裁判所と特許の有効性に関する事件を担当する裁判所に分かれています。そのため、特許侵害訴訟の審理において、被告が特許無効の抗弁を防御方法として利用することができません。
本セミナーでは、連邦最高裁判所の最近の判決も紹介しながら、ドイツの訴訟制度を上手に活用する方法や訴訟に強いクレームの記載方法を考えていきます。
さらに、アップル、サムスン、モトローラの知財紛争の考察もなされます。講師には、Michalski Huettermann & PartnerのDirk Schulz先生をお迎えします。
当日は、当所の所員が日本語で解説をしSchulz先生が補足説明をいたします。欧州でビジネスを展開されている企業の方に特にお勧めのセミナーです。
講  師: Dr. Dirk Schulz (パートナー・弁理士) / Michalski ・ Huttermann & Partner Patentanwalte

 PageTop