バイオ製薬企業のIP戦略

バイオ製薬企業のIP戦略

【韓国】

第161回

[バイオ製薬企業のIP戦略]

日  時: 7月7日 (金) 4:00 p.m. ~ 6:30 p.m.
内  容: 米国のPDL BioPharma社の特許ポートフォリオの分析を通じて, バイオ製薬企業のIP戦略をご提案いたします。

PDL BioPharma(NASDAQ:PDLI)社は、ヒト化抗体(humanizing monoclonal antibody)製作の中核となる技術であるQueen et al.の特許を中心に優れた特許ポートフォリオを構築し、これによるロイヤリティで 大きな成功を収めたバイオ企業です。 10人余りのメンバーからなるPDL BioPharma社は、MedImmune、Genentech、Roche、Biogen、Novartisなど、様々なバイオ企業や製薬会社から抗体医薬品に対するロイヤリティを得ており、2015年には約5.9億ドルの収益を出しました。そして、ここ数年で、「Queen et al.の特許の有効期限を考慮しつつ、技術投資先を発掘する」という新たな収益モデルを構築しています。

今回のセミナーでは、PDL BioPharma社の 全体の特許ポートフォリオの分析を通じて, バイオ製薬企業のIPポートフォリオ戦略の提案と問題点を皆様と一緒に考察します。

講  師: Mr. Chi Won, Han 所長、韓国弁理士
Ms. Young-Joo Roh,パートナー・韓国弁理士 / IPS Patent & Law Firm
モデレーター: 龍華明裕 (弁理士・米国弁護士) / RYUKA国際特許事務所

 PageTop