カナダにおける最新知的財産法事情

カナダにおける最新知的財産法事情

【カナダ】

第129回

[カナダにおける最新知的財産法事情]

日  時: 2月3日 (火) 5:00 p.m. ~7:30 p.m.
内  容: 特許
特許法条約が批准され出願手続きが変更されました。
また特許法が改正され、パリ条約の優先権を主張しやすくなり、また料金の不払いなど、方式上の不適合のために無効になった特許を救済する方法が広がりました。
一方で、出願を意図的に放棄および回復することで審査を遅らせることは禁じられています。またコンピューター利用発明の権利化に関する審判でのいくつかの重要な決定を受けて、特許制度が発展を続けています。

意匠
保護期間が変わりました。また新規性の基準が変更され、純粋に機能的な意匠を禁止する規定が強化されました。

商標
2014年度には多くの変更がありました。
カナダはマドリッド条約に加入し、マドリッド出願でカナダを指定することが可能になりました。また宣誓書を提出することなく登録ができるようになり、カナダで商標を登録してビジネスを行いやすくなります。異議申し立ての手続きも変わりました。またカナダは商品及びサービスのニース分類を採用致しました。
講  師: パートナー・法廷弁護士 Adrian Zahl / Ridout & Maybee LLP事務所
モデレーター: 龍華明裕(弁理士・米国弁護士) / RYUKA国際特許事務所

 PageTop