知的財産の「保有」から「運用」への転換

知的財産の「保有」から「運用」への転換

【日本】

第115回

[知的財産の「保有」から「運用」への転換]

日  時: 4月21日 (月) 10:00-12:00
内  容: 日本企業は特許出願に積極的であり、海外から内容的にも高い評価を得ているものが多い。しかし特許の運用という点については残念ながら海外の競合と互角の実績を上げてはいない。どこに問題があるのだろうか?

知的財産の保有から運用へ 、発想転換のヒントを探ってみよう 。知的財産権を海外から取得することについても、交渉方法も含めて考え検討したい。

目次:
Ⅰ.日本の現状と課題 、その問題点
Ⅱ.海外、特に米国企業は IP をどう運用しているか
Ⅲ.「技術力」という日本企業の強みを最大限に生かし企業価値を高める。
Ⅳ.技術はあるがビジネスではうまく行かない?
Ⅴ.知的財産の「保有」から「運用」への転換
Ⅵ.資産運用の視点から特許を見直す
 ① グランドデザイン
 ② 運用術
 ③ 交渉術
 ④ 出願ポートフォリオ
Ⅵ.今後の課題
講  師: 代表社員 桑原 創 / グローバル知的資産戦略合同会社
外国技術部リーダー 大庭 健二 / RYUKA国際特許業務法人

 PageTop