新IDSルールの内容。出願人の新たな義務とは

新IDSルールの内容。出願人の新たな義務とは

【米国】

第18回

[新IDSルールの内容。出願人の新たな義務とは]

日  時: 2008年2月1日(金) 
内  容:

新IDSルール案は、
 1)出願から第1回拒絶通知書まで、
 2)第1回拒絶通知書から認可通知書まで、
 3)認可通知書から発行費用の支払いまで、
 4)発行費用の支払ってから特許発行前十分な時点まで、
の4つに期間を区切り、それぞれ異なる書類(情報)提出が要求されています。今回のセミナーは、適切に情報開示義務を果たすために各要求書類を正しく理解することを目的としています。このほかにも、

講  師: David L. Schaeffer氏 / (Stroock & Stroock Lavan LLP)

 PageTop