米国アリス判決後の地裁、高裁、特許庁の動向と今後の具体的対策

米国アリス判決後の地裁、高裁、特許庁の動向と今後の具体的対策

【米国】

第133回

[米国アリス判決後の地裁、高裁、特許庁の動向と今後の具体的対策]

日  時: 3月4日 (水) 3:30 p.m. ~5:30 p.m.
内  容: 1. アリス判決後の動向
出願
行使
米国議会へのロビーイング活動
2. アリス判決後の地裁・高裁(CAFC) 101条無効判決例
3. アリス判決後の地裁・高裁(CAFC) 101条有効判決例
4. 2014年審査ガイド・ライン
5. 米国特許庁からの2015年例題請求項にたいする審査コメント
6. 具体的な対策
第一出願前か米国出願時
米国出願中間時
講  師: 米国特許弁護士 吉田 健一郎 / Yoshida and Associates LLC
モデレーター: 外国出願部リーダー 大庭 健二 / RYUKA国際特許事務所

 PageTop