REEXAMINATION AND ITS INTERPLAY WITH LITIGATION

REEXAMINATION AND ITS INTERPLAY WITH LITIGATION

【米国】

内部セミナー(3/3)

[REEXAMINATION AND ITS INTERPLAY WITH LITIGATION]

日  時: 2011年3月3日(木) 
内  容:

Current Trends and Attitudes of the United States Patent and Trademark Office
米国特許を無効にするための方策の一つとして、特許庁での再審査 (Reexamination)手続きが用意されています。以前は特許権利者に利する結果になることが多いという理由でけん厭されがちでしたが、統計的には当事者系再審査は年々増加の傾向にあります。なぜ増えているのでしょうか。その理由を、この手続きにより生じる法的効果を検証しながら探ってみます。特に裁判所での審理が特許庁での手続き・結果によってどう影響をされるか、を確認します。

講  師: Laura C. Brutman氏 / Dickstein Shapiro LLP

 PageTop