欧州特許庁費用改正についてのご案内

欧州特許情報


 リストへ戻る

欧州特許庁費用改正についてのご案内

 規則改正により2008年4月1日より欧州特許庁の庁費用が変更されておりま す。主な変更点としては、超過クレーム費用の大幅な増額、出願維持年金の増額が盛り込まれています。さらに、2009年4月1日には再度の変更が予定され ています。以下にその概略を説明致します。

1.超過クレーム費用
従来は11クレーム目から1項につき45ユーロの超過クレーム費用の加算とされておりました。
変更の第1段階である2008年4月1日から2009年3月31日の間の欧州出願及びPCT出願の欧州域内移行については、16クレーム目から1項につき 200ユーロの超過クレーム費用が加算されることとなりました。
更に、変更の第2段階である2009年4月1日以後の欧州出願及びPCT出願の欧州域内移行については、16クレーム目から50クレーム目までは1項につ き200ユーロの超過クレーム費用が加算され、51クレーム目からは1項につき500ユーロが加算されます。
下の表はクレーム数が30、60、100の場合のクレーム超過費用の比較表です。それほど珍しくない30クレームの場合でも現行の3倍以上の3,000 ユーロが加算されます。100クレームを含む場合にいたっては、第1段階で17,000ユーロ、第2段階では32,000ユーロという莫大な費用が加算さ れます。
 

クレーム数
従 来
第1段階(現行)
第2段階
30
900ユーロ
3000ユーロ
3000ユーロ
60
2250ユーロ
9000ユーロ
12000ユーロ
100
4050ユーロ
17000ユーロ
32000ユーロ


2.出願維持年金
出願維持年金については以下の表の通り、4年度目以降の年金が増額されています。
 

年度
2008年3月31日まで
2008年4月1日以降
400ユーロ
400ユーロ
425ユーロ
500ユーロ
450ユーロ
700ユーロ
745ユーロ
900ユーロ
770ユーロ
1000ユーロ
800ユーロ
1100ユーロ
1010ユーロ
1200ユーロ
10~
1065ユーロ
毎年1350ユーロ


弊所からのご提案 

以上でご説明したように、既に施行されている費用改正は、特にクレーム数が多い案件の出願費用を劇的に増加させるものです。今後出願及び移行予定の案件に つきましては、下記のタイミング・手法で出願コストを抑制するべく対処することをご提案致します。

1) クレーム数見直しのタイミング

①欧州出願前
②PCT出願時
③PCT出願の19条補正可能時期
④PCT欧州域内移行時(移行後、EPOからの通知後1ヶ月以内に自発補正可)
*なお、③と④はEP以外の指定国、特に多重従属を禁止している米国などのクレームにも影響するため、あまりお勧めできません。

2) クレーム数を削減する手法

①多重従属クレーム(多重の多重従属関係を含む)の積極利用する
②1つの従属クレーム中に選択肢を盛り込む
③同一カテゴリの独立項が多い出願や併合出願を、敢えて複数の出願に分ける
④重要性が低いクレームを削除する


ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。


 リストへ戻る

 PageTop