特許提案書フォーム

日本特許情報


 リストへ戻る

特許提案書フォーム


 
1.図面  
    
 発明提案書においては図面が大切です。下記の要領で図面を作成して下さい。
 特に、発明の特徴部分をできるだけ詳細に図面に記載して下さい。 
    
  (1)中心発明の図面 
    
      a.   図1 (全体図)
 通信相手等も含め、できるだけ大きなシステムの全体図を書いて下さい。 
 詳細図に詳細を記載する装置は全体図の中に示して下さい。  
    
      b.   図2~(他の図)
 図面は、機械設計図面やプログラムと同様に階層的に作成します。
 プログラム相互の関係と同様に、図面相互の関係は大切です。
 例えば、全体図、全体図の一部を説明する詳細図、詳細図の更に一部を説明する
 詳細図の様に記載すると図面相互の関係は明確になります。  
    
      c.   ソフトウエア発明の場合
 例えば、下記の図を記載してください。
 システムの全体図 システム中の1つの装置の図面 
 ファイルの構成を示す図 画面表示を示す図 
 複数の装置間の通信シーケンス図 全体動作を示すフローチャート
 一部の動作を示すサブルーチン  
    
  (2)周辺発明の図面 
    
  1つの発明を実現しようとすると、他の課題が生じる場合があります。
この課題は周辺発明のヒントになりますが、周辺発明を他人に抑えられると、せっかく基本発明を抑えても、それを実現できなくなる場合があります。
 そこで、周辺発明も含めて権利化しておくために、具体的にどの様な課題が生じるかを列挙し、それらの課題を解決するための方法を表す図面を記載して下さい。 
    
 (3)代替発明の図面 
    
  (1)で記載した発明を権利化した場合に、競合他社がどのようにしてその権利を回避するか(代替発明)を考えます。
(1)で書いた各図面について、できるだけ多くの代替発明の図面を作成して下さい。 
    
 (4)従来技術の図面 
    
  本発明の図の中で特徴的な図面を一枚~数枚選んで下さい。
選んだ図に修正を加えて従来の図面を作成して下さい。
従来の技術が全く異なるときは、「選んだ図面に相当する部分」が従来どのようになっていたかを示す図を記載して下さい。 
    
2.図面の説明 
    
 (1)中心発明・周辺発明の図面 
    
  まず、各図面が他の図面のどの部分に対応するか(図面相互の関係)を説明して下さい。次に、図面のみでは構成や動作が明確でない部分を探し、それらの構成や動作を図面毎に説明して下さい。サブルーチンの図面を記載したときは、そのルーチンが呼ばれる条件を明確にして下さい。

例:図2は、図1に示した端末装置の詳細な構成を示す。
紙幣計数器が計数した紙幣の枚数をディスプレイに表示し、その枚数が正しいか否かをユーザに問い合わせる・・・ 
    
 (2)代替発明の図面 
    
  (1)で記載したどの図面の代替図面かをまず説明して下さい。また図面のみでは構成や動作が明確でない部分を探し、それらの構成や動作を説明して下さい。

例:図2Bは、図2の代替図面。
・・・
 
    
 (3)従来技術の図面 
    
  (1)で記載したどの図面に対応する図面かを説明して下さい。また図面のみでは構成や動作が明確でない部分を探し、それらの構成や動作を説明して下さい。

例:図2Cは、図2に対応する従来技術の図面。
・・・
 
    
3.従来技術との相違点 
    
 図面を参照して、従来技術と異なる部分(特徴)のみを短い言葉で抽出して下さい。できるだけ多くの特徴を図面から抽出し、各特徴に対応する効果を記載して下さい。 
    
 例: 特徴「図2のデータ量が所定値を超えると、図1のディスプレイの表示が、図5から図6に変わる。」
効果「図2のデータ量が所定値を超えたことを、ユーザが認識できる。」 
    
 (1) 特徴



効果


 
    
 (2) 特徴



効果


 
    
 (3) 特徴



効果


 
    
 (4) 特徴



効果


 
    
 (5) 特徴



効果


 
    
 (6) 特徴



効果


 
    
4.先行文献 
    
 従来技術を詳しく記述する必要はありません。従来技術を記述する代わりに、発明を考えるために参考となった全ての文献(特許公報、雑誌の記事、新聞記事、社内書類等)のコピーを添付して下さい。



添付資料の頁数は10~100頁程度を目安にして下さい。また社内資料の場合は、それが公知文献(全くの他人が知り得る文献)であるかどうかを示して下さい。参考とした文献が無い場合には、知っている文献の中で本発明に最も近いもののコピーを、できるだけ添付して下さい。






 
    
5.権利の性格の説明 (分かる範囲で記載して下さい。) 
    
 (1) 貴社で本発明を実施する予定がありますか? 
    
 (2) 実施する予定の場合は、いつ頃、どの国で実施しますか? 
    
 (3) 本発明は、誰がどの様な製品形態(部品、装置、システム等)で、販売・使用しますか?
できるだけ多くの相手と、各相手が販売・使用する製品の形態を列挙して下さい。 
    
    
 (4) 上記(3)に挙げた各製品の単価と年間総販売数(概略)を国毎に記載して下さい。 
    
 (5) 上記(3)の相手の中で、特許上の重要競合相手は誰ですか? 
    
 (6) 上記(3)の相手の中で、製品販売上の重要競合相手は誰ですか? 
    
 (7) (5)又は(6)の相手は、本発明を使用する可能性が大きいですか? 
    
 (8) 相手(又は業界)が、他の代替発明を考案することは容易ですか? 
    
 追記用紙 

 リストへ戻る

 PageTop