発明の展開と創出

発明の展開と創出

Firm Vision
発明から特許までのプロセス
テーマの選定(権利化の方針)、発明の創出 出願 中間処理 権利の活用、特許の排除

『テーマの選定から権利の取得/活用まで、
発明の展開力によってお客様を支援する。』


これがRYUKAのビジョンです。
私達は技術と特許のコンサルティング集団として、特に出願前における発明の展開に注力し、お客様を支援してまいりました。
発明を創出する「テーマの選定」から「権利化」、そして利益を生み出す「権利の活用」迄は、通常図のようなプロセスで進められます。
2003~2004年には、この発明の展開サービスを「テーマの選定」「発明の創出」の段階で数多くご利用いただきました。
そこで、今後は今まで蓄積したノウハウを出願後の段階においても提供し、プロセスの全ての段階において、発明の展開力を発揮しお客様を支援してまいりたいと考えます。

発明の展開とは? ⇒ 

  技術から、未来の用途、課題及び更に新たな技術を考案すること。

発明の展開前

  技術、用途、課題
 
発明者から出された顕在化している発明。

発明の展開後

 
ブレインスト-ミングにより、当初思いついた発明の「技術」から、予定していた「用途」以外の他の用途を導き出す。これと同様に、新たな課題、技術へと思考を導くことができる。この思考パターンを繰り返すことによって、当初の発明より広い範囲をカバーできる特許発明を創出する。
  他の技術、他の用途、他の課題

 PageTop



Firm Vision
テーマの選定(権利化の方針)、発明の創出 出願 中間処理 権利の活用、特許の排除

出願における発明の展開


発明を守る特許権は文章によって定められます。
 権利範囲の解釈にあたっては、明細書が大きな判断材料となります。
 そこで、明細書作成の段階では、どれだけ他の実施形態を想定できているか(=技術を具体化する力)が非常に重要となります。

~技術を具体化する力が鍵~


他の実務形態

 PageTop



Firm Vision
テーマの選定(権利化の方針)、発明の創出 出願 中間処理 権利の活用、特許の排除

中間処理における発明の展開


 中間処理においての重要なアクションとして、意見書や補正書の提出があります。この場面においても発明の展開力が有効となります。
 特に、引例となる先願の課題とは異なった、新たな先願技術の課題を見つけることが重要です。これを意見書等の方針とすることで、差別化することができます。

~先願技術の課題を探す力が鍵~


先願技術の課題を探す力が鍵

 PageTop



Firm Vision

『ノウハウのオープン化によって、発明の創出と展開への特許業界の関心を高める』


私達はこれまで、発明の創出から特許の活用までのプロセスの各段階において、特許ビジュアライゼーションから生まれた発明の展開力を生かし、お客様を支援して参りました。

今後は、これまで培ってきた特許ヴィジュアライゼーションのノウハウの一部を公開し、発明の創出と展開に対する特許業界全体の関心を高めることを目指します。
これにより、発明の創出と展開という新たな市場が喚起されます。

ノウハウの一部公開を下記のメディア・セミナーで行いました。


これからもノウハウの一部公開を続け、活力の高まる市場の中で、一層大きく成長することを目指します。


Toward Future


テーマの選定(権利化の方針)、発明の創出 出願 中間処理 権利の活用、特許の排除

以上のプロセスを経て、またその先の未来へ向かって、
RYUKAは、

テーマの選定から権利の取得/活用まで、
発明の展開力によってお客様を支援する。


というビジョンを掲げ、邁進していきます。

 PageTop