強い意匠権を取得する為に

強い意匠権を取得する為に

意匠権はデザインを守るための権利です。消費者が商品を購入する場合、技術的な違いだけではなく、デザイン(意匠)も大きな決定要因となります。意匠権を取得するためには、そのデザインが独創的(ex. 新しく、簡単に創作できない)でなくてはなりません。 また、今後の製品の改良を考慮して出願しないと、将来的に意匠権による保護が不十分となる可能性があります。RYUKAは将来の意匠の変更をお客様と共に検討し、変更された形態もできる限りカバーする方法をご提案いたします。


意匠権は登録意匠とその類似範囲に権利が及びますが、類似の概念が必ずしも明確でないために関連意匠制度および部分意匠制度を利用することが効果的です。

(1)関連意匠制度

類似した複数の意匠がある場合には、これらの意匠を関連意匠として登録することができます。関連意匠制度を利用することで、同時期に創作された複数の類似した意匠や、当初製品投入後に需要動向を見ながら開発されたバリエーションの意匠などを効果的・戦略的に保護することが可能となります。関連意匠の出願は、本意匠(類似する複数の意匠の中から出願人が選択した1つの意匠)が登録されてから、その意匠公報が発行される前日までに行わなければなりません。創作した複数の意匠について、漏れなく権利を取得したい場合には、バリエーションの意匠について関連意匠として出願することをおすすめします。

(2)部分意匠制度

物品の一部分に特徴がある場合には、その部分の意匠について登録を受けることができます。部分意匠を登録することにより、全体としては類似していなくても、部分意匠に類似した部分を有する物品に対して権利を行使することができます。そこで、お考えの意匠の中で特に特徴のある部分は、部分意匠としても出願することをおすすめします。

関連意匠出願と部分意匠登録出願の費用は、それぞれ通常の意匠出願の費用と同額です。

 PageTop