商標で広がるビジネスチャンス

商標で広がるビジネスチャンス

 商標(マーク)が登録されることで、「商標権」を取得することができます。
 この「商標権」によって、商標登録を受けた商標と「同じ」か「似ている」商標を他人が無断で使用している場合※には、その使用をやめさせることができます。つまり、商標登録を受けた商標と「同じ」か「似ている」商標を勝手に使用している模倣品、類似品、粗悪品の氾濫を抑えることが可能となります。

 ※正確に言うと、「指定商品・指定役務について、他人が正当な権原なく登録商標と同一・類似の商標を使用している場合」です。

そのため、商標登録されると、以下の4つのメリットがあるといえます。


①お客様からの「信用」が得られる

模倣品などがなければ、お客様は安心して気に入った商品を買い、サービスを受けることができます。また、お客様が間違って他社の商品を買ったり、サービスを受けることを防げるので、「その商品の品質やサービスの質は、いつも同じである」という信用が得らます。そのため、繰り返して自社の商品を購入したり、サービスを受けてくれるようになります。

②商標がブランドとなる

営業努力によって商品やサービスにお客様からの「信用」が積み重なっていけば、商標自体にブランドとしての価値がつきます。そして、ブランド化した商標はブランド・イメージを効率的に伝えるためのシンボルとなります。CMや雑誌広告などに登場する有名な商標は、見ただけで商品・サービスや会社名などをイメージできることが多いでしょう。一方で、商品の製造工程や技術、社内教育制度などを店頭で説明してもブランド・イメージをうまく伝えることは困難です。明快にブランド・イメージを伝えられる商標の価値は高いといえます。

③販売促進や事業拡大のための武器となる

 新たな商品・サービスを提供しやすくなります。例えばApple社は、「iPod」から「iPhone」、そして「iPad」のようにブランドを展開して、新商品の売上げを初めから高くできています。
また、事業拡大のためにフランチャイズ展開を考えることもできます。フランチャイズは、他の事業者に自社の商標などを使用する権利(ライセンス)を与えることが特徴の一つです。お客様からの信頼を得ている商標を持っていれば、その信頼の元でフランチャイズ契約を結びたいと考える事業者は多いでしょう。逆に商標が登録されていなければ、事業者は契約するのをためらうでしょう。
国内と同じ商標について外国でも商標登録することで、海外でも国内と同じ商標を使用して事業展開ができます。反対に、商標は各国ごとに登録をする必要があるので、早めに権利を取らないと将来海外展開するうえで支障をきたすことがあります。

④地域活性化に役立つ

「地域ブランド」を守り、育てるのに役立つ制度が商標法にあります。地域ブランドには「輪島塗」、「山中温泉」、「宮崎牛」などがあり、地域の特産品等を他の地域のものと差別化する効果があります。このような「地域名」+「商品・サービス名」からなる商標(地域ブランド名)を登録することで、その地域とは関係のない他人は勝手に使用できなくなります。そのため、その地域の事業者が協力して「地域ブランド名」を「どの地域で使用するか」、「品質・質をどのレベルに保つか」などを調整・コントロールすることができるようになるのです。

 PageTop