RYUKA国際特許事務所 > 採用情報 > 採用情報(事務・翻訳者・社内SE)

RYUKA求人・採用の趣旨「日本No.1のスキル」はRYUKAにある

特許事務所って?

どんなイメージを持ちますか? 堅苦しい、伝統的な・・・??

すべての情報を共有する

RYUKAは、質の高いサービスを望むお客様に、全員の力を合わせて対応しています。ひな形集、業務ノウハウ集、そして自社開発のソフトウエアに毎日改良が加えられ、一人が考えた改善案が数日中に全所員に共有され即座に実施され続けています。人と人との壁? 部門間の壁? そういったものはRYUKAと無縁です。

育成を大切にする

オープンでフラットな所内には、いつもどこかで教える姿が見られます。多くの所員が未経験で入所しますが、ベテランのリーダーやトレーナーと頻繁にコミュニケーションを取り、ひな形とノウハウ集を共有することで、急速にスキルを高めます。

キャリアプランをオーダーメイドする

リーダー達は、所員の「成長したい」気持ちに寄り添うことを大切にしています。決められた箱に合うように育てるのではなく、所員の個性と環境を考慮してオーダーメイドで、所員のキャリアプランを創造しています。

仕事の仕方を選ぶ

そして最大の魅力は、経験を重ねた人が自分のライフスタイルに合わせた仕事の仕方を選べること。所員の希望、ライフスタイルに合った働き方をRYUKAは応援したい。リーダー達がしっかり所員の声を聴いて働き方を考えるから、出産して復帰した多くのママたちも、安心して働いています。

真のプロフェッショナルになる

「RYUKAで働く」ということは、単に専門知識だけでなく、品質向上スキル、協力スキルをも手に入れということ。これらも大切なスキルです。そして全てのスキルを支えるのが、お客様へより良いサービスを提供したいという想いです。私たちは、そういう想いを共有できる仲間を増やしたいと願っています。

仲間達が待っています

RYUKAは2017年、創業以来の出願代理件数を記録します(予想)。業務拡大に伴い、私達と同じ「想い」を共有し、力を合わせることのできる、向上意欲の高い所員を募集します。未経験者も歓迎します。

出願代理件数

特許、実用新案、意匠、商標における、国内外の出願人による、国内外への各出願の合計件数。
海外へ/海外からの国内移行は国内移行日、出願後に弊所へ移管された案件は移管日、その他は現実の出願日を基準。
(2019年は9/10までの件数*365/248)

募集内容

ご質問がございましたら、「採用に関する問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

勤務時間
フレックスタイム制(標準労働時間8時間)
コアタイム:9:20~15:20
休日・休暇
・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・年末年始5日
・年次有給休暇(夏季に1週間の長期休暇を奨励)
待遇・福利厚生
・昇給年1回
・賞与年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・退職金制度
・エクシブ(リゾートクラブ)利用可
・書籍購入制度(書籍を自由に購入できます。上限3千円/月)

事務幹部候補者(弁理士、または勉強中の方)

業務内容
海外のお客様への特実意商の法律や制度の説明・提案
国内外のお客様へのRYUKAの戦略説明・提案
国内外のお客様からの各種質問への回答
特許事務業務、及び特許事務で用いるひな型および業務フローの更新と改善活動
応募資格
■弁理士1次試験に合格していること
■TOEIC850相当以上
■Open and Straightな米国の文化が好きであること
■大卒以上
■責任感が強く、向上意欲のある方
※未経験者可、特許事務経験者は優遇します。
<経験や技術力や年齢を問いません。業務内容はゼロから指導します。>
給与(参考:弁理士の場合)
月給
40万円(4年程度の実務経験者)+ 賞与
35万円(2年程度の実務経験者)+ 賞与
30万円(未経験者)+ 賞与
メッセージ
法的な説明や提案を通じで、お客様との信頼関係を深めることを目的としています。RYUKAの顔となる、RYUKAで最も重要な業務です。 未経験者も歓迎します。新人指導に自信があるからです。専門能力を高めたい方、ご応募お待ちしています。

外国特許事務(正社員)

業務内容
海外のお客様のための、国内出願事務
国内のお客様のための、外国出願事務
それらの為のひな型および業務フローの更新と改善活動
応募資格
■TOEIC900以上
■大卒以上、未経験者歓迎
■詳細なルールに従った正確な書類作成が出来る方
■責任感が強く、向上意欲のある方
※特許事務経験者は優遇します
給与(参考)
月給27万円程度
経験、能力及び現給を考慮の上、決定
試用期間4~6か月(給与変更なし)
メッセージ
私達の仕事は、発明を特許で守ることです。発明をきちんと守ることで開発が促進され、世界の人が助けられ繋がり合えるようになります。
発明にはお客様の夢が込められています。夢を守るのだから私達の仕事は大切です。専門性も高いので、出産後の時短勤務でも50代でも経験者は歓迎されます。未経験者も歓迎します。新人指導に自信があるからです。
専門能力を高めたい方、ご応募お待ちしています。

キャリアアップ事例

翻訳者のキャリアアップ事例

RYUKAでは明確な昇給・昇格システムが構築されています。年齢や勤務年数に関わりなくキャリアップしていけるのが特徴です。

事例4:翻訳会社からの転職
翻訳者(特許翻訳経験者)Aさんの場合
翻訳者(特許翻訳経験者)Aさんの場合

事務職員の昇格・昇給

人事コンサルティング会社の協力により、非常に明確な昇給・昇格システムが構築されています。

特許事務所では、事務系所員は非常に大切な役割を持っています。そこで、事務系所員の給与も技術系所員と同様に、プロフェッショナリズム、能力、実績(アウトプット)の3つに基づいて、できる限り客観的に判断できるよう、努めています。

評価基準は全ての事務系所員に公開されており、事務系所員として成功し、社会で大切にされていくためのガイドラインとなっています。

事務系所員の場合、通常はクライアントや外国の代理人に送付する各種レターの内容を覚え、作成できるようになるまでに2~4年の期間が必要です。各国の特許制度に応じた手続や管理を行うまでには、3~6年の年月が必要です。レターや管理内容の「確認」にも、膨大な労力が必要です。

これに対しRYUKAは、事務の業務を逐次自動化させています。例えば、仕事の受任から登録後の手続までに必要な、国内及び外国のクライアントに対するほとんどのレターをデータベース化しているので、案件の整理番号と形式を選択するのみでレターが自動作成されます。

各国の特許制度もデータベース化されており、最小限の情報を選択するのみで必要な管理が自動的に行なわれます。請求書の種類を選択し、書類のページ数等を入力すると、自動計算で請求書が完成します。案件の整理番号を選択すると、送付先の住所やファックス番号などが、その案件の全てのレターと請求書に自動的に挿入されます。これらのリレーショナル・データベースにより、事務の生産性が高くなっています。

「作業」に費やされる時間が短いため、事務系所員は、状況を「把握」し、自動作成されるレターや各国用の管理内容を「理解」することに、大半の時間をかけることができます。このため、RYUKAで1年間の経験を積んだ事務系所員は、他の事務所で2~3年程度の経験を積んでいる所員と同等の業務を行うことができます。