RYUKA IP LAW FIRM MAP | Contact | Site Map
English | Japanese | Spanish | Korean | Chinese
Home
 
메시지
戻る

“特許ビジュアライゼーション”の提唱。エンジニア業界への波紋、依然拡がりつつ…

当オフィス所長の龍華氏は、自らも弁理士として、特許出願フローを手がけています。しかしその本懐は開発そのものを仮想的に行い、事業戦略を担っていくことにあるとも…。“特許”についての認識。今、新たにする必要がありそうです。

【最先端技術そのものを生み出すポジション】
所長の龍華です。エレクトロニクス・機械・画像処理・メカトロ・ソフトウェア等、業界問わず全上級技術者・研究者たちにお伝えします。
大手企業の開発プロジェクトに芽生える新たな方向性の数々…。例えばデジタルカメラの全く新たなマーケットの構想、プロジェクターの新たな展開。また、エネルギー業界に大変革を起こすと言われている、日本総合研究所の家庭用燃料電池構想については知っている方も多いはず。大手企業約40社が、特許コンソーシアム確立に向け、名乗りをあげています。
未来のマーケット創造への数々の場面で、私達の特許ビジュアライゼーションが活用されています。

技術に触れることの大好きな方にこそ、“特許”という概念に注目して欲しいのです。

【特許ビジュアライゼーションとは】
未来の製品・サービスの技術課題をビジュアライズし特許マップを構築。これが特許ビジュアライゼーションです。
特許マップを構築すべき製品テーマのご提案、従来技術及び技術課題のリサーチ、ブレインストーミングを経て発明を技術者から引き出し、特許出願します。
まだ開発に着手されていない製品の特許を早い段階で出願する当社オリジナルの手法は、強い特許権を取得するための新たな方向性として世界から注目されています。

【モノ作りの究極部分は、真の上流行程に存在】
特許ビジュアライゼーションは、モノ作りの真の上流行程にあります。各界の先端技術者と、日々、未来の製品についてディスカッションを重ね、所内には未来技術のビジョンと、新たな技術課題を検討するための手法が蓄積されています。

これらのビジョンと技術課題の検討手法が、通常の特許出願においても、私達の業務を差別化させています。あなたの技術力の真価を、多様な製品で思う存分に発揮して下さい。


将来あなたに期待したいこと

真のプロフェッショナルとしてお客様に貢献するためには、技術や特許の力のみで十分ではありません。個々のお客様の、社内外における複雑な課題を正しく理解し、理解を伝え、その上で解決策を提案するコミュニケーション能力や、提案力が必要です。

そんなプロフェッショナルのイメージを自分の中に持って実務に臨み、将来、世界から信頼をされるパートナーとして、共に活躍をしてくれる事を心から楽しみにしています。

(リクナビNEXT掲載:所長の声 2004年1月)

PageTop

RYUKA국제특허사무소에 대한 질문, 바램은 이쪽으로

HOME | 사무소안내 | 서비스 소개 | 상표 출원 | 특허정보 | 게재지소개 | 채용정보 | 링크집 | MAP | CONTACT | SITE MAP
ENGLISH | JAPANESE | SPANISH | KOREAN | CHINESE
Copyright 2007 RYUKA.com Ryuka Law Firm. All Rights Reserved.
Use of this website signifies your agreement to Online Privacy Policy (updated 06-21-2006).
Search powered by