最新の韓国特許・商標事情について -韓米FTAによる改正および最新主要判例の紹介-

最新の韓国特許・商標事情について -韓米FTAによる改正および最新主要判例の紹介-

【韓国】

第80回

[最新の韓国特許・商標事情について -韓米FTAによる改正および最新主要判例の紹介-]

日  時: 5月23日 (水) 
内  容: 今年の3月15日に発効された韓米FTA(自由貿易協定)の一環として、韓国の特許・商標法が改正されました。この改正では、グレースピリオドの延長や特許庁の遅れに起因する権利期間の調整など、米国のルールが多く盛り込まれています。本セミナーではその具体的内容を解説し、新たな制度にいち早く対応するための情報を提供いたします。そのほかにも、職務発明や並行輸入、ドメインネームなどに関する最新判例を紹介します。韓国出願を多く手掛けている知財部、特に韓国内に開発拠点を有する企業の知財部・法務部の方のご参加をお待ちしております。講師は特許法人ムハンの千成鎭先生および丁泰栄先生で、日本語で解説いたします。

第Ⅰ部 特許について

1. 韓米FTA合意による韓国特許制度改正の紹介
 ・新規性喪失の例外制度の改正
 ・許可などによる特許権の存続期間の延長制度の改正
 ・登録遅延による特許権の存続期間の延長制度の新設
 ・医薬品品目許可の特許連係制度導入のための準備規定の導入
 ・秘密保持命令制度の新設
 ・特許権取消制度の廃止

2. 最新主要韓国特許判例
 ・判例1:意見提出通知時の優先権を認めるか否かの判断
 ・判例2:職務発明と業務上背任
 ・判例3:職務発明補償金の消滅時効と賠償範囲
 ・判例4:新規性喪失の例外

第Ⅱ部 商標について

3. 韓米FTA合意による韓国商標制度改正の紹介
 ・音商標及び匂い商標など非典型商標の導入
 ・商標登録出願時の使用意志確認制度の導入
 ・証明標章制度の新設
 ・専用使用権登録制度の廃止
 ・法定損害賠償制度

4. 最新主要韓国商標判例
 ・商標権侵害の要件としての商標の使用に該当するか否かの判断
 ・真正商品の並行輸入が専用使用権の侵害に該当するか否かに対する判断
 ・ドメインネーム登録の商標権侵害、不正競争行為に該当するか否かに関する基準
 ・外国でのみ周知著名な商標の模倣商標登録の無効要件
講  師: 千 成鎭 先生(パートナー弁理士)、丁 泰栄 先生(パートナー弁理士) / 特許法人ムハン

 PageTop