35USC§101,§112最新情報及び強い特許取得に向けたAIA施行後の新たな戦略

35USC§101,§112最新情報及び強い特許取得に向けたAIA施行後の新たな戦略

【米国】

第142回

[35USC§101,§112最新情報及び強い特許取得に向けたAIA施行後の新たな戦略]

日  時: 12月2日 (水) 5:00 p.m. ~ 7:00 p.m.
内  容: 主なトピック
1. USPTOパイロットプログラムの最新情報 (QPIDS, AFCP 2.0, Track One, Collaborative Search Pilot Program CSP, Expedited Appeal Pilot)
2. 強い特許取得に向けたAIA施行後の新たな戦略
3. 特許適格性(35USC§101)による拒絶回避のためのクレーム補正の例及び戦略
4. ミーンズ・プラス・ファンクション・クレーム(35USC§112(f))に関する最近の判例法及び戦略
5. 2014-2015特許重要裁判例の紹介
6. まとめ
講  師: Christopher J. Maier (所長・米国弁護士)
Timothy J. Maier (所長・米国弁護士) / Maier & Maier, PLLC事務所
モデレーター: 龍華明裕(弁理士・米国弁護士) / RYUKA国際特許事務所

 PageTop