米国訴訟 ~戦略的な事前準備と最近の統計データ~

米国訴訟 ~戦略的な事前準備と最近の統計データ~

【米国】

第78回

[米国訴訟 ~戦略的な事前準備と最近の統計データ~]

日  時: 5月11日 (金) 
内  容: 米国での知財訴訟費用は他国と比べて著しく高額であり、また原告及び被告の双方に大きな負担が強いられます。しかし、訴訟に携わるチームや証拠に対する事前準備を戦略的に行うことでこれらを上手にコントロールすることが可能となります。本セミナーでは“ハリケーンプラン”と称する訴訟前準備策について、その具体的内容や留意点を解説いたします。さらに、連邦/地方/ITC各司法システムの特性、またテキサス東部地裁の特殊性に加え、NPE(パテントトロール)の影響や対策を解説いたします。また、具体的な統計データを用いて、特許/商標/著作権/トレードシークレットの近年の訴訟動向についても説明いたします。この統計データは、今回のセミナーのためにまとめられたものであり、統計的資料としての価値が高いものです。今回のセミナーは、米国での知財訴訟をこれから提起しようとしている企業にとっても、逆に近い将来提訴される可能性がある企業にとっても、役立つ内容となっております。講師は、テキサス州ヒューストンに拠点を構えるOsha Liang法律事務所のThomas K. Scherer先生です。当日は当所の技術スタッフが日本語で解説し、Scherer先生が補足説明をいたします。
講  師: Mr. Thomas K. Scherer (パートナー弁理士) / Osha Liang法律事務所

 PageTop