欧州共同体商標に関するお知らせ

特許・商標 新着情報


 リストへ戻る

2016年2月8日

商標の庁費用改定のお知らせ



2016年3月23日より、欧州共同体商標に関する制度が改正されます。
主な改正点は以下の通りです。

更新期限

存続期間の満了日となります。
(従前は、満了日が属する月の末日でした。)

指定商品及び役務

ニース分類の類見出し(Class Headings)を指定商品・指定役務として記載した場合、その類見出しの文言の、文字通りの意味に含まれることが明らかな商品・役務だけが指定の対象とされます。従いまして、改正後は、権利化を希望する商品・役務を別途明記する必要があります。

2012年6月22日前に出願し、類見出しを記載して登録を受けた者は、ニース分類(出願日において有効であった版)の一覧表(Alphabetical List)に記載された商品・役務への「書き換え宣誓」が認められます。期限は、2016年9月24日までですので、書き換えを希望される方はご連絡ください。

出願費用の変更(ユーロ)

旧料金 新料金
3区分まで 900 一区分のみ 850
4区分目以降 +150/区分 2区分目 +50
3区分目以降 +150/区分

更新費用の変更(ユーロ)

旧料金 新料金
3区分まで 1350 一区分のみ 850
4区分目以降 +400/区分 2区分目 +50
3区分目以降 +150/区分
更新申請日にかかわらず、更新期限が3月23日以降であれば新料金が、それより前であれば旧料金が適用されます。

名称の変更

Office for Harmonization in the Internal Market(OHIM)がEuropean Union Intellectual Property Office(EUIPO)に、Community Trade Mark(CTM)が、European Union Trade Mark(EUTM)に変更されます。

 リストへ戻る

 PageTop