価値の高い特許を取得する

価値の高い特許を取得する

従来の出願方法の問題点。待っているだけでは、価値の高い発明は生まれてこないという現実。

発明者が発明を生み、提案書として提出するのをただ黙って待っていても、高い価値の発明が生み出される可能性は限られています。これでは、良く完成された実施間近な発明しか出願をすることができません。
発明者の頭の中には、事業展開の鍵となる、さまざまなイメージがつまっています。 しかし、発明者はイメージをうまく表面化できないために、利益につながる多くのアイディアを、頭の中で眠らせてしまいます。 より未来の基本的な発明を権利化に導くには、ただ待っているのではなく、積極的に働きかける必要があります。


発明者が発明を生み出しにくい、本当の理由。

発明者が発明をするうえで非常に不安に思っていることは、「自分がやっている発明が、はたして意味があるのだろうか?」ということです。 目の前の発明に特許性があるのか、特許としてどの位の価値があるのかが分からないと、検討を深めることができず、また、提案書を書くことにも意欲を持てないため、発明は埋もれていきます。 特許の生産性を上げるためには、こうした発明者の不安を取り除く必要があります。


価値の高い特許を生み出すためには、どのようなプロセスが必要なのか?

「特許ビジュアライゼーション」では、発明者に多様な質問を投げかけ、製品イメージと課題を具体化することで、発明者と共に発明を創出します。 また、真に強い権利を取得するために、各技術分野の市場の動向及び競合会社の出願状況を踏まえ、権利化された技術の迂回を防ぐ方法や、技術を使用した場合の課題について発明者とディスカッションを行い、発明自体の強化を図ります。 これにより、眠っている発明を特許性のある方向へ導き、発明者の発明能力を向上させると共に、新規事業の創出につながる、価値の高い権利を取得します。

価値の高い特許を生み出すためには、どのようなプロセスが必要なのか?


特許ビジュアライゼーションの業務の流れ。

テーマ設定 将来的にマーケットが広がる分野を見定め、戦略的に、特許権を固めるべきテーマを選択します。
▼
リサーチ 選択した戦略的テーマを中心に、発明を生み出すための事前リサーチを行い、結果を発明者に紹介します。
▼
ブレインストーミング ブレインストーミングを重ね、将来に重要となる事業分野に、戦略的な特許のポートフォーリオを構築します。
▼
出願

 PageTop