貴社特許権侵害者への対応

貴社特許権侵害者への対応

(1) 相手パンフレット、広告、新聞記事等の調査 ---- 相手技術の調査

(2) 相手製品、サービス内容の検討 ---------------- 相手技術の調査

(3) 自社特許/明細書の検討 ---------------------- 侵害の確認

(4) File Historyの検討 -------------------------- 侵害の確認

(5) 引例の検討 ---------------------------------- 侵害の確認

(6) 相手特許の検討 ------------------------------ 反訴の可能性の検討

(7) 自社の侵害サービス/製品の検討

    →被ライセンス料の算出

(8) 相手の侵害サービス/製品の検討

    →ライセンス料の算出 

(9) 相手の訴訟スタイル/弁護士の検討 

      ↓
       ------------------------------------------
      ↓               ↓             ↓
 貴社の方が有利な場合    互角な場合    相手の方が有利な場合
      ↓               ↓             ↓
      ↓          クロスライセンス   他人の特許を発見した場合の対応
    特許プール
      ↓
  警告、返答の検討

      ↓
      ↓
     権利行使

a.差止 

 相手から得られるものが無く、かつ相手のビジネスが貴社の障害になる場合。
 
b.損害賠償/ライセンシング 

 相手の実施規模が大きく、見込み金額が大きい場合。 

c.共同ビジネス化 

 相手の設備/人材/能力等が貴社に有益な場合。

 PageTop