特許翻訳の流れ
特許翻訳の流れ

特許翻訳の流れ

独自に開発した翻訳支援ソフト「RYUKA Translation Assist」により、納期の短縮に成功しました。
特許事務所ならではの翻訳クオリティを短期間で提供いたします。


特許翻訳(英語・中国語・韓国語)の流れ

Ⅰ.原文の事前確認
RYUKA国際特許事務所で使用されているソフトウェア「RYUKA Patent Assist」で原文を精査し、必要な修正点を探し出します。

【確認事項】
①明細書 用語と符号の統一、矛盾の検知、避けるべき表現の洗い出し等
②クレーム 米国のAntecedent Basis、重複多重従属の確認、プログラムクレームの存在、カテゴリーの不一致等
③図面 米国施行規則の要求を満たすかの確認等

必要な修正点が発見された場合は、事前にご連絡いたします。

Ⅱ.翻訳
RYUKAで独自に作成した、IPCごとの特許翻訳辞書を用い、RTA(RYUKA Translation Assist)が翻訳を支援、安定したクオリティを提供いたします。

Ⅲ.翻訳図面の作成(米国)
RYUKAでは、米国特許庁からFormal Drawingsの出し直しを求められることは殆どありません。米国特許図面の作成ノウハウを活かし、明細書の翻訳と共に、米国規則に沿った翻訳図面を作成し、ご提供いたします。

Ⅳ.クレームの追加
ご希望により、EPにおける補正範囲を確保するためのクレーム、GBにおけるオムニバスクレーム、USにおけるミーンズプラスファンクションクレーム、USの記録媒体クレーム等を追加いたします。

 PageTop