国内出願の費用

国内出願の費用

出願時の費用

区分数 調査費用(注1) 当所費用(注2) 特許印紙代(注3) 合計額
1 19,000円 59,000円 12,000円 90,000円
2 29,000円 89,000円 20,600円 138,600円
3 39,000円 119,000円 29,200円 187,200円
(注1) 調査をしない場合には、調査費用は発生いたしません。 別途消費税が必要です。
    図形商標の調査については、別途お問い合わせください。
(注2) 別途消費税が必要です。
(注3) 特許庁へ納付する費用です。 消費税はかかりません。


登録時の費用(商標登録されたときに必要となる費用)

区分数 登録年数 当所費用(注1) 特許印紙代(注2) 合計額
1 5年 39,000円 21,900円 60,900円
10年 39,000円 37,600円 76,600円
2 5年 59,000円 43,800円 102,800円
10年 59,000円 75,200円 134,200円
3 5年 79,000円 65,700円 144,700円
10年 79,000円 112,800円 191,800円
(注1) 商標登録後のアフターフォローサービスが含まれます。 別途消費税が必要です。
(注2) 特許庁へ納付する費用です。 消費税はかかりません。


拒絶理由通知を受けた場合の応答費用

 拒絶理由通知を受けなければ、本費用は発生しません。

 また、「商標調査を行い肯定的な調査報告をしていた場合」には、仮に拒絶理由通知を受けたとしても、本費用をご請求いたしません。

 一方、「調査をしない場合」または「商標調査を行い肯定的な報告をしていない場合」に、拒絶理由通知を受けたときには、特許庁に反論したり、登録を認めてもらうために本費用が必要となります。なお、拒絶理由通知へ応答するには、意見書や補正書を提出することになります。



区分とは?

 「区分」は、商標・役務(サービス)を一定の基準によってカテゴリー分けしたもので、第1類~第45類まであります。RYUKAでは、出願する前に適切な「区分」を検討し、ご提案しています。
 この「区分」の数によって費用が増減しますが、1~2区分で出願するケースが多いです。

 PageTop